FC2ブログ

ブックハンター センダイ Vol.1

9月8日(日)、
関東地方に台風接近の影響か
真夏に戻ったような日射しと暑さの中、
「ブックハンター センダイ」というイベントに行ってきました。

少し前にチラシをもらって、行きたいな・・と思っていたのです。
会場は、青葉区大町の1to2ビル。
bookhunter1
インディーズブックバザール、企画展示「コトバとコラボ」など、
創作文芸中心のイベントは、仙台では初開催とのこと。
一箱古本市や、話題の本屋「ボタン」さんの出張販売もあり、濃密な空間でした。
bookhunter2
塔短歌会・東北 「東日本大震災から六年(/七年/八年)を詠む」

「塔短歌会」の東北に関わる会員の方々による、大震災から1年ごとの区切りで発行されている冊子。

巷は、令和だ オリンピックだ キャッシュレスだと騒いでいるけどどうなのか?
復興とは、元に戻る/戻すことでは全然なくて、元通りには戻らないのだけど
とにかく暮らしを立て直して行こう という頑張りや工夫なんだなと改めて感じ、
そうなると 復興が済んだ、とか完了した、は無いんだと痛感しました。

50ページ程の薄い冊子ですが、ページをめくるたび
一首一首の歌のカプセルが弾けて、思念や祈りが立ちのぼってくるようで
私は圧倒されました。
bookhunter3
右は、「紅茶のある風景」 千冬 (ひつじの本棚*)

紅茶をテーマとした掌編の数々は、まさにティータイムにつまむお菓子のよう。
紅茶好き、そして稲垣足穂もちょっと好き?なので、うれしい出会いでした。
装丁がステキ!

左は、私だけの”物語の切符”です。
今回のイベントでの企画「歩いてつくる小さな物語」。
会場内の3か所をめぐり、それぞれ「誰が」「どこで」「どうした」の内容を考え、
カードに書いて箱に入れます。
そして、他の参加者の書いたものとシャッフルされた中から 1枚ずつ くじのように引いて
できた小さな物語のカケラです。

私のは、
「かき氷が」 「混雑した駅のホームで」 「くじらを見た」

最後に、ホームでくじらが跳ねて 水しぶきがかかり 
一気に私の周囲の温度が下がった気がしたので、
タイトルは「海へ」としました。

本のイベントって愉しいですね。
今回は特に、「創作文芸」の世界に触れることができて、
とても有意義でした。
またの開催が楽しみです。

昔書いた、こんな本のイベントの記事も思い出しました↓
本と書店と図書館、あれこれ①
スポンサーサイト



ドライフラワー

7月末のイベント「シキオリノニハ」で作らせていただいた
ミニブーケの紫陽花が
ある日、見る間に しゅわしゅわと小さくなって
ドライフラワーになりました。
hydrangea_dry
エアコンの当たるところに置いておいたからか・・・
しおれてしまうタイプの紫陽花かなと思っていたので
色もきれいに味のあるドライになって、ちょっと嬉しいです。

キャンドルナイト@クイジーヌ・スガワラ

去る7月27日(土)に
仙台は荒町にあります「欧風総菜食堂 クイジーヌ・スガワラ」さんにて
キャンドルナイトのイベントが開催されました。
candlenight07272019b
当日は、19時過ぎから
KEI'sCraftの”灯りのソムリエ”+
スガワラさんセレクトのワイン&スペシャルプレートを
お楽しみいただきました。

私は、皆様にキャンドルを灯しつつ
ステキなお客様方のお仲間に入れていただいて
美味しいお料理もいただけて、とっても贅沢な時間でした☆
candlenight07272019a
お客様方からは、
キャンドルが灯っていると、いつもと違う雰囲気で良いですね!等と
嬉しいお言葉をいただき
キャンドルの”お代わり”もたくさんしていただいて、
ありがとうございました!

ご来店くださいましたお客様、店内で自由にキャンドルを灯させてくださったスガワラさん、
ステキな機会をくださったYさん♪
(このブログの画像も、Yさんからいただきました)
本当にありがとうございました!

”青と湿度”

暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

私は、ガラケー使いである上に、
帰宅後にPCの前に座ることすら億劫になり
(PC部屋が暑い!という・・・)
ブログの更新もすっかり滞っておりました。

そんな中、とてもステキなイベントに参加してきました。
もう、1週間ほど前のことなんですけれど。。。

↑情報の鮮度・スピード感を重視する現代に逆行しております(笑)

Bluo kaj humideco1
シキオリノニハ 2019 summer 『青と湿度』
@ cafe CYAN (仙台市青葉区一番町)

四人の「シキオリビト(四季織り人)」が
季節を紡ぎ彩る「シキオリノニハ(四季織りの庭)」

【花】 Magenta 山田 剛
【菓】 洋菓子店 九二四四 橋浦 邦義
【茶】 OCHACCO 内海 康生
【音】 浅野 託矢

Bluo kaj humideco2
「青」はともかく、「湿度」をテーマに掲げたイベントというのは
なかなか無いと思い、
そこから興味が湧きました。

25日はたしか、梅雨空が 夏のような暑い一日に転じたような日だったかと思います(うろ覚えですが)。

カフェの中は非日常の空間
五感がくすぐられる、
なんとも風流な時間でした。

「シキオリノニハ」
次回は、秋に開催するらしいですよ。

第1回 Japan Candle Artist Award 2019

前回のブログでお伝えしましたように、
去る6月23日(日)に
「第1回 Japan Candle Artist Award 2019」(略:JCAA2019)
ファイナルが開催され、
私KEIも横浜へ行ってまいりました!

JCAA2019prize
*(7/16 画像差し替えました↑↑↑
受賞された皆さま、本当におめでとうございました!)*

詳細はJCAAオフィシャルHPをご覧ください。

JCAA2019-2
会場は、今年3月に JR横浜駅前にオープンした
アミューズメント施設「アソビル」3階
「monotory」です。
JCAAatmonotory
朝から、審査開始前までに、ファイナリスト達が
自分の作品を 決められたサイズ内に収まるようにディスプレイ。
JCAA2019-3
その後、審査中は会場には入れないので、
近所のカフェやお店などで時間を潰して・・・
午後2時からはいよいよ審査発表!

作品も、ご本人も個性あふれる、不思議な世界を表現した
可愛らしい女性アーティストさんが
見事グランプリを獲得されました。
おめでとうございます!!!
(まだオフィシャルサイトでお名前発表になっていないので…
後ほどチェックしてみてください)

6/29追記…(社)日本キャンドル協会(JCA)様のインスタに
受賞者のお名前掲載あります。どうぞご覧くださいね。 @jca_official *

私は、残念ながら受賞はなりませんでしたが、
CANDLE JUNEさんを審査委員長に、とても豪華な顔ぶれの審査員の方々が
作品をみてくださったというだけで大感激でした。

10代からキャンドルの勉強をはじめて、今年でちょうど30年?!(←年齢が・・・)
となる私ですが、
「キャンドルクラフト」という言葉さえ ほぼ知られていなかった頃に比べると
年齢も性別も様々なアーティストさん達が全国から集まって
こんなに華やかなコンテストが開催されるようになったことが
夢のようです。

貴重な機会をいただけて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

JCAA2019-kei
私の作品、テーマは「DOUBLE」です
「2つ」の素材を組み合わせたり、表と裏が違う「2つ」のデザインになる作品を
作りました。
一見地味なのですが、実はけっこうトリッキーな製作方法を使ったりしています。
doubleface.kei2019
↑こちらの作品名「Double Face」
pane.kei2019
↑もう1種類の作品名「Pane」に火を灯したところ。
 paneは、”ガラス”の意味もあります。
中が透けて見えるので、溶けたロウが溜まっている部分をのぞいて見たり
することができて、不思議ですよ。

JCAA2019ファイナリスト全員の作品は、
6月29日まで「monotory」イベントスペースに
展示されていますので、
機会がありましたら是非ご覧くださいませ!