FC2ブログ

11月3日 キャンドルナイト@クイジーヌ・スガワラ

冬がはじまる気配と、日暮れの早さ・・・
今年もあと1か月半?!という事実に気づかされます。

ブログの更新が滞っておりましたが、
11月初めには、
若林区荒町の「欧風惣菜食堂 クイジーヌ・スガワラ」さんで
2回目となるキャンドルナイトが開催されました。
CSugawara1103a
キャンドルナイトの時には、毎回
ワインに合うとっても美味しい特別料理プレートをご用意くださっているんです!
CSugawara1103b
しかも、その他にも 気が付けば
1品・・2品とついつい追加オーダーしてしまうのでした。。
CSugawara1103c
お客様それぞれに、丁寧に出来立てを提供してくださるので、
多少待ち時間があったりしますが、そこがまた店主のお人柄というか
”町の食堂”といった雰囲気を感じさせます。

キャンドルの灯を見ながら のんびりワインを楽しんだり
お近くの席のお客様同士 お話が弾んだり
いつもよりゆったり流れる時間をお楽しみいただけたら嬉しいなぁ、と思いながら
あかりを灯しています。

次回は、12月20日の予定。
クリスマスモードで、再びスガワラさんにお邪魔いたします。
ぜひ、キャンドルの灯る店内でごゆっくりお過ごしくださいませ♪

灯りのソムリエ® KEI
スポンサーサイト



ブックハンター センダイ Vol.1

9月8日(日)、
関東地方に台風接近の影響か
真夏に戻ったような日射しと暑さの中、
「ブックハンター センダイ」というイベントに行ってきました。

少し前にチラシをもらって、行きたいな・・と思っていたのです。
会場は、青葉区大町の1to2ビル。
bookhunter1
インディーズブックバザール、企画展示「コトバとコラボ」など、
創作文芸中心のイベントは、仙台では初開催とのこと。
一箱古本市や、話題の本屋「ボタン」さんの出張販売もあり、濃密な空間でした。
bookhunter2
塔短歌会・東北 「東日本大震災から六年(/七年/八年)を詠む」

「塔短歌会」の東北に関わる会員の方々による、大震災から1年ごとの区切りで発行されている冊子。

巷は、令和だ オリンピックだ キャッシュレスだと騒いでいるけどどうなのか?
復興とは、元に戻る/戻すことでは全然なくて、元通りには戻らないのだけど
とにかく暮らしを立て直して行こう という頑張りや工夫なんだなと改めて感じ、
そうなると 復興が済んだ、とか完了した、は無いんだと痛感しました。

50ページ程の薄い冊子ですが、ページをめくるたび
一首一首の歌のカプセルが弾けて、思念や祈りが立ちのぼってくるようで
私は圧倒されました。
bookhunter3
右は、「紅茶のある風景」 千冬 (ひつじの本棚*)

紅茶をテーマとした掌編の数々は、まさにティータイムにつまむお菓子のよう。
紅茶好き、そして稲垣足穂もちょっと好き?なので、うれしい出会いでした。
装丁がステキ!

左は、私だけの”物語の切符”です。
今回のイベントでの企画「歩いてつくる小さな物語」。
会場内の3か所をめぐり、それぞれ「誰が」「どこで」「どうした」の内容を考え、
カードに書いて箱に入れます。
そして、他の参加者の書いたものとシャッフルされた中から 1枚ずつ くじのように引いて
できた小さな物語のカケラです。

私のは、
「かき氷が」 「混雑した駅のホームで」 「くじらを見た」

最後に、ホームでくじらが跳ねて 水しぶきがかかり 
一気に私の周囲の温度が下がった気がしたので、
タイトルは「海へ」としました。

本のイベントって愉しいですね。
今回は特に、「創作文芸」の世界に触れることができて、
とても有意義でした。
またの開催が楽しみです。

昔書いた、こんな本のイベントの記事も思い出しました↓
本と書店と図書館、あれこれ①

ドライフラワー

7月末のイベント「シキオリノニハ」で作らせていただいた
ミニブーケの紫陽花が
ある日、見る間に しゅわしゅわと小さくなって
ドライフラワーになりました。
hydrangea_dry
エアコンの当たるところに置いておいたからか・・・
しおれてしまうタイプの紫陽花かなと思っていたので
色もきれいに味のあるドライになって、ちょっと嬉しいです。

キャンドルナイト@クイジーヌ・スガワラ

去る7月27日(土)に
仙台は荒町にあります「欧風総菜食堂 クイジーヌ・スガワラ」さんにて
キャンドルナイトのイベントが開催されました。
candlenight07272019b
当日は、19時過ぎから
KEI'sCraftの”灯りのソムリエ”+
スガワラさんセレクトのワイン&スペシャルプレートを
お楽しみいただきました。

私は、皆様にキャンドルを灯しつつ
ステキなお客様方のお仲間に入れていただいて
美味しいお料理もいただけて、とっても贅沢な時間でした☆
candlenight07272019a
お客様方からは、
キャンドルが灯っていると、いつもと違う雰囲気で良いですね!等と
嬉しいお言葉をいただき
キャンドルの”お代わり”もたくさんしていただいて、
ありがとうございました!

ご来店くださいましたお客様、店内で自由にキャンドルを灯させてくださったスガワラさん、
ステキな機会をくださったYさん♪
(このブログの画像も、Yさんからいただきました)
本当にありがとうございました!

”青と湿度”

暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

私は、ガラケー使いである上に、
帰宅後にPCの前に座ることすら億劫になり
(PC部屋が暑い!という・・・)
ブログの更新もすっかり滞っておりました。

そんな中、とてもステキなイベントに参加してきました。
もう、1週間ほど前のことなんですけれど。。。

↑情報の鮮度・スピード感を重視する現代に逆行しております(笑)

Bluo kaj humideco1
シキオリノニハ 2019 summer 『青と湿度』
@ cafe CYAN (仙台市青葉区一番町)

四人の「シキオリビト(四季織り人)」が
季節を紡ぎ彩る「シキオリノニハ(四季織りの庭)」

【花】 Magenta 山田 剛
【菓】 洋菓子店 九二四四 橋浦 邦義
【茶】 OCHACCO 内海 康生
【音】 浅野 託矢

Bluo kaj humideco2
「青」はともかく、「湿度」をテーマに掲げたイベントというのは
なかなか無いと思い、
そこから興味が湧きました。

25日はたしか、梅雨空が 夏のような暑い一日に転じたような日だったかと思います(うろ覚えですが)。

カフェの中は非日常の空間
五感がくすぐられる、
なんとも風流な時間でした。

「シキオリノニハ」
次回は、秋に開催するらしいですよ。