音楽

J.S.Bach 無伴奏チェロ組曲の演奏会

演奏会のご案内です。
desire
今週末の17日(土)
元NHK交響楽団の首席チェロ奏者でいらっしゃる
木越 洋さんの演奏会が開催されます。

"Desire" 木越 洋
J.S.Bach 無伴奏チェロ組曲全曲演奏会 BWV1007~1012

日時…2014年5月17日(土)
13:30開場 14:00開演

会場…カトリック元寺小路教会・大聖堂
(JR仙台駅から徒歩10分)
*車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください*

仙台市青葉区本町1-2-12
022-222-5507

チケット…全席自由/前売3000円 当日3500円
プレイガイド(三越、藤崎、弦楽器工房Watanabe)


大聖堂でのバッハの無伴奏・・・ステキでしょうね~…
私も聴きにまいりますよ!

お問い合わせは、弦楽器工房Watanabeさんまで・・・
Tel/Fax:022-797-0745
mail to:info@gen-watanabe.com
スポンサーサイト

「Grateful Goodbye」

gratefulgoodbye
Grateful Goodbye
Yasushi Yoshida(noble)

最近、作品を創る時などによく聴いている音楽です。
音楽をダウンロードなど
したことがない私には
やはりCD。

ふらっと立ち寄ったお店で、ジャケ買いしてしまいました。
2010年にリリースされた、吉田靖さんという方の作品です。

まず、ジャケットの絵の世界観に惹きつけられるものがありました。
yuka Yonemasuさんという人が描いたらしいです。

肝心の音楽は、全篇インストゥルメンタル。
弦楽器や管楽器の音色の重なりも心地よく、
その世界に入り込みつつ、今日も作品を作っていました。

テーマは、”別れの物語”。
11篇の、美しいショートフィルムが流れていくようなアルバムです。

今度参加するカヨウカフェ(7月23日)の時にも
持って行って、会場で流させてもらおうかなぁ♪



再会

仙台市青葉区本町にあります
「弦楽器工房Watanabe」さん。

とてもあたたかくてステキなご夫妻が
昨年オープンされ、弦楽器の修理・調整、楽器や周辺小物等の販売を
していらっしゃいます。
弦楽器工房Watanabeさんのブログ
弦楽器工房WatanabeさんのHP

奥さまとは、以前からご縁があり、
3月にWatanabeさんで開催された”バイオリンの修理体験講座”に参加して
数年ぶりで再会することができました。

縁とは本当に不思議なものです。

弦楽器の職人さんと知り合いなのだから…
良い機会と思い
ず~っとしまい込んでいた学生時代の愛器を
メンテナンスしていただくことにしました。

ケースを開けることすら何年ぶり?!の
こちらも久々の再会(??)だったので
ドキドキしながら受取りに行きました。

そして、せっかく調整していただいたのに、
またしまい込んではもったいない!と思い
Watanabeさんご夫妻にも背中を押していただき

基礎からもう一度
お習いしてみることにしました。
緊張する~!でも、それと同じくらい楽しみです

再会の春。
そういえば、楽器を触る余裕すらなかったなぁ…と反省の春でもあります。





春 懐う歌 その1

気がつけば3月も
残すところあと1週間。

卒業式も無事に終わった頃でしょうか。
卒業を迎えた皆さん、本当におめでとうございました

昨年は、震災の影響で卒業式や入学式ができなくなったり
延期になったりという状況でしたね。

先生方や親御さんのご尽力もあって
式が行われた様子をニュースで、新聞で
見てはもらい泣きしていたことを
思い出します。

本当にすっかり
私も涙腺が弱くなりました。

その頃、卒業式などでよく歌われていて
心に残っている曲は
“いきものがかり”の「YELL」です。

震災で思いがけない経験をすることになり
本当の気持ちをしまい込んで
なんだか必要以上に「大人」になってしまったような子ども達
普通に卒業するはずだった、その「普通」が何処かへ行ってしまって
晴れの日の
まっすぐで素直な眼差しも凛々しい姿も
すごく切なくて

「YELL」は、聴くたび泣きそうになる位
特別な季節の 特別な思いと
結び付いた曲になりました。

ボサノヴァの夜

bossa
昨晩は、
仙台・定禅寺通り沿い
「レトロバックページ」にて
ボサノヴァのライブ。

昨年11月の「空想マルシェ」でご一緒した
“Canta Tom Jobim”さん

いつもよりちょっぴり大人の雰囲気
心地よい音に包まれるひととき。

ステキな時間をありがとうございました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。