FC2ブログ

見てきました/行ってきました

ガラスの宇宙

glassexhibitionohshita
先日、とても素晴らしいガラスの作品展を見てきました。

これは本当にガラスなのか?
何か 私たちの知らない銀河の果てからやってきた物質で
できているのではないか?
1つ1つの作品の、凄みを感じさせる完成度と
自然から生まれた物語が閉じ込められているような深い色あいが
心に残っています。

☆大下邦弘 ガラス展
仙台・藤崎本館6階 美術ギャラリーにて開催中
5月16日(水)まで・・・最終日は16:30閉場

なんと、明日まででした!
時間があまりありませんが
ご興味のある方は是非見に行ってみてくださいね。
スポンサーサイト

ミステリー文学資料館

数ヶ月ぶり?!の更新です。
なかなかPCに向かう時間が取れず、
すっかりご無沙汰してしまいました。

さて、先週末は久しぶりに東京に日帰りで出掛けました。

今年も、日本ヴォーグ社主催「手づくりでハッピーコンテスト」に入賞しまして
表彰式と懇親会に出席してまいりました!

そのことは、KEI's CraftのHPにてご報告するとしまして。。。

表彰式は午後から。
午前中は・・・
shiryoukan1
以前から訪れてみたかった、「ミステリー文学資料館」へ!!

日本ヴォーグ社の本社ビルがあるのは市ヶ谷、
ミステリー文学資料館は要町駅下車すぐ 
どちらも地下鉄有楽町線の沿線!これはいいタイミングです。
shiryoukan2
出版社・「光文社」の会社ビルの1階にあります。
ミステリー専門の資料館は、とても珍しいですよね。
世界的にみても、パリのミステリー専門図書館と こちら以外には
ほとんど例がないようです。

入館料(300円)で、一般の人も利用できる、小さな図書室のような感じです。
戦前・戦後のミステリーやミステリーに関する書籍、雑誌等の閲覧ができます。
スペースの都合上、席は10名分くらいです。

小規模な資料館ですが、私にとってはかなり興味深く、楽しいひとときを過ごせました。
なんとなく書架から取り出してめくってみた文庫本には、
エラリー・クイーン(フレデリック・ダネイ)氏の
直筆サインが入っていたりもして…

ちょうど、第19回日本ミステリー文学大賞を受賞された
北村薫さんの特別展示も開催中、貴重な品々も拝見できました。

7月16・17日は「ハーブ☆ラボ」へ

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。
仙台も蒸し暑い日が続きます。
体調管理に神経を使うこの時期ですが、いかがお過ごしですか?

今日は、和草さんとCinnamon Roomさんの
「ハーブを楽しむ研究室」
略して「ハーブ☆ラボ」へ。
herblabo1
本当に実験みたいで楽しくハーブティーの
ブレンドができるコーナー。
和草さんとお話しながら、美味しくて
体に優しいお茶をいただきます。
herblabo2
ハーブティーやCinnamon Roomさんのピクルス等など
販売もしていましたよ。
herblabo3
もちろん、おなじみの気軽に参加できるワークショップも♪
herbgoods20150716
私も、いろいろ作っちゃいました!
靴に入れて消臭抗菌効果がある
シューズサシェも、ちくちく縫って手軽に
手作りできました。
Cinnamon Roomさんのオリジナルブレンドの
ドライハーブのポプリが中に入っていて、
香りが薄くなったら交換などもできるそう。

さて、そんな「ハーブ☆ラボ」は
明日17日(金)もオープンしています。
ご興味のある方は、ぜひのぞいてみてくださいね。

今後も、月に1回、2日間の開催を予定しているそうです。
以下にご案内を転載します♪
****************
7月の新月から始まります!
喫サロン和草からVersion up!

和草 & CinnamonRoom
「ハーブを楽しむ研究室(ハーブ☆ラボ)」
OPEN
7月16日(木) 10-20時
7月17日(金) 10-20時

場 所 アクテデュース
仙台市青葉区大町1-1-15 大町川村ビル4F

☆内容☆
ハーブやアロマを利用して
ナチュラルに暮らすための小さな研究室。

ハーブ活用術ワークショップを
月1回テーマを決めて開催します。

※成分等の分析などの研究ではなく
より身近に使うための使い方ラボです。

★香遊生活国産オーガニックハーブ製品販売
★CinnamonRoomハーブクラフト
★バッチフラワーメレディー製品販売
★その時々の物など

↓文月のワークショップ↓ ★ご予約です

和草WS
「ハーブと塩のワークショップ」※所要時間30分
★ハーブソルト
★ハーブの歯磨き粉

CinnamonRoom WS
「自分で香りをブレンドするサシェ作り」※所要時間60分

開催日時
7月16日(木)、17日(金)両日とも
①11:00  ②14:00  ③18:00
会費 3000円(ドリンク付)
★どちらかのみを希望の場合★
塩ワークショップ 1500円
サシェ2000円

ご予約は和草へFBメッセージかメールでお申し込みを!
keikb-kazedayori@ドコモ.ne.jp (ドコモ→docomoでお願いします)

ご予約不要のWS
担当がワークショップ中はお待ちいただくことがございます。
お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。

☆和草☆
★シングルハーブをブレンドしてみよう!500yen★
喫サロンで人気だった「ご勝手ブレンド」
ドリンクバーのようにセットします。
ご自分でお好きなようにブレンドして
ハーブの味や性質を知りましょう!
勿論、伝説のあの珈琲もございます!

☆CinnamonRoom☆
★虫よけスプレー 1000yen(今月のWS参加割引有)
★フット用パウダー800yen
★ペット用虫よけパウダー 800yen
★ハーブサシェ 2000yen
★アロマジェル 1800yen(今月のWS参加割引有)

刺激の強い成分の入りがちな虫よけスプレー
ハーブで作れば安心して使えそうです。

CinnamonRoomのバッチフラワーレメディーコンサルテーション(ご予約)
 約90分☆初回2500yen、2回目以降2000yen
もしかしたら…心や体の悩みを解決する糸口があるかもしれません。
ペットのご相談もどうぞ。

【お申込み・お問い合わせ】
 和 草のFBメッセージもしくは
 keikb-kazedayori@ドコモ.ne.jp へ
 (ドコモをdocomoに訂正してください)
 または、CinnamonRoomのメールへ
---------------------
ステキな暮らしへのヒントが見つかりますように☆

cozuzu手芸店♪

cozuzusyugeiten
ただいま仙台市青葉区のメリラボで開催中の
”cozuzu手芸店”に遊びに行ってきましたよ♪

ここに一日入り浸って(笑)
編み物や手芸していたい。。。と思わせる
ステキな空間です。

「ここはちょっと変わった手芸店です。
店主が糸巻きをしたり、作ったものをさりげなく販売しています。
少しずつ販売している手芸用品はほぼ毎日入荷なので
宝探しみたいにお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?」
(フライヤーより抜粋)

~ということで、私も”糸巻きワークショップ”体験してみました!
いろいろな色やテクスチャーの糸から選べるので、
1人ひとり違った個性の糸ができて面白いとcozuzuさん。

私も好きな風合いに仕上がりましたよ~
ラッピングに使ってもいいし、他の糸と合わせて小物を作っても良さそう♪
もう1回やりたいなぁ…

そして、cozuzuさんから、お宝の手芸本をお借りしちゃいました
いつもありがとうございますっっ!!

”cozuzu手芸店”は、ひとまず2月7日(木)までの開催です。
その後もまだ気まぐれOPEN?!するらしいですので
ブログやtwitter(#cozuzu手芸店)をチェックしてみてくださいね☆

「工芸Designの原点」展

kougei-genten
現在、仙台市青葉区で開催中の展示のご紹介です。

「工芸Designの原点」展
①2013年1月11日(金)~16日(水)
10:00~20:00(最終日~19:00)
会場:東北工業大学一番町ロビー 1階ギャラリー

②2013年1月8日(火)~20日(日)
10:00~18:00(最終日~17:00)
会場:仙台ファーストタワーアトリウム1階

*どちらも入場無料*

◆仙台に「国立工芸指導所」という機関があったのをご存じですか?
私は今回初めて知りました。
戦前に設立され、今は組織改編を経た後の機関に
研究成果のみが残されていますが
日本から世界へ発信する工芸品の技術向上と
「みる工芸」から「使う工芸」へ、近代のプロダクトデザインの概念が生まれる
原点となる技術開発やデザインの研究が行われていたそうです。

仙台は「近代工芸デザイン発祥の地」ともいえる事実に驚きました。
これまで、あまりスポットを当てて取り上げることの少なかった所だと思います。
そこにまつわるプロダクトやパネル等の展示、
ちいさな展覧会ではありますが、ぜひ見ておきたいと思いました。

何しろ、会場で配布されている展覧会パンフレットが
中身の濃いもので、これがもらえるだけでもちょっと嬉しい。。。♪
kougei2
ファーストタワーの会場の方の写真です。
こちらは、「工芸指導所」で製法が開発された「玉虫塗」のコーナー。
写っているのは震災後の新作ラインだそうです。黒にも藍色にも見える深い光沢。
kougei1
ワインスタンドは「天童木工」とのコラボ商品だそう。すごいバランス!
kougei3
フランスの女性建築家、シャルロット・ペリアンの「ペリアンチェア」。
黒い方には「オンブル(影)」という名前が付いているそうです。
ペリアンも、来日の際に工芸指導所に立ち寄って行かれたそうです。
*現在は販売されていません

他にも、工芸指導所の所員だった剣持勇デザインの椅子などがあり、
実際にふれたり、座ることができたので楽しかったです。
工業大ロビーの方にも、是非行ってみたいと思います。