FC2ブログ

2012年09月

「亜炭香堂」

仙台市青葉区、中心部のアーケード街から
少し入ると、昔から仙台っ子にはおなじみの
「いろは横丁」があります。

その「いろは横丁」内に、
”せんだいマチナカアート2012”の一環として
期間限定ギャラリー”亜炭香堂”がオープンします!

本日9月28日(金)~10月28日(日)までの1ヶ月
金・土・日・祝日にオープン(月~木は休みです)、
10:30~19:00
入場は無料です。

「亜炭」って何?
というあなた!ぜひ足を運んでみてください。

今はほとんど職人もいなくなった仙台の工芸品
「埋もれ木細工」をご存じの方、
懐かしさも漂う空間に
ぜひ足を運んでみてください。

亜炭や埋もれ木について語り合う座談会や、
亜炭でお香を作るワークショップもあるそうですよ

今回の展覧会の空間演出等を担当される、
美術家・伊達伸明氏のメッセージ抜粋↓
--------------
仙台は足元から生活燃料が採れる街でした。
また同じ地層からは、地元の工芸特産品「埋もれ木細工」の原木も産出され、
一家にひとつはあるともいわれるほど、普及していました。

しかし時は流れ、かつて大人達を手伝って
風呂の焚きつけをした子供たち(今や還暦越え)の
記憶からも亜炭は消えつつあり、
埋もれ木細工もまた、現在では
最後の工人ひとりを残すのみとなってしまいました。

地下鉄東西線工事が青葉山の亜炭層を掘り抜いて、
奇しくも時代の地層が開かれつつある今、
ひとむかし前の仙台のくらしの風景を、
当時を知る方々の証言とともに再発見してみたいと思います。
----------------------------

せんだいマチナカアート2012とは。。。

市民のみなさんに、街なかで気軽にアートに触れ・楽しんでいただく、せんだいマチナカアート。
今年は伊達伸明氏と都築響一氏をお招きし、
サンモール一番町商店街エリアで2つのプログラムを開催します。
身近にあって気づかないでいる生活の中の美や地域の魅力を、
市民の方々への取材を通して、
2名のアーティストが作品化し再発見しようとする企画です。
★twitter @machinaka_art
★HPもぜひご覧ください!→こちら

私KEI、実は「埋もれ木細工」とは
意外な関係がありまして…??
開催を知って とっても楽しみにしておりました!
是非、時間を作ってゆっくり見に行きたいと思っています。
スポンサーサイト