FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11日が来ると

3月11日まであと1ヶ月。
今日は、本のご紹介にします。
ichibannnagaihi
河北新報の一番長い日~震災下の地元紙~
河北新報社:著 (文春文庫)

話題になり、ドラマ化したものをご覧になった方も多いかもしれませんが、
新聞社のものだけに”活字”で読むべき記録です。

震災であっけなく壊れてしまった日常に右往左往していた
私たちのために
「毎朝 新聞が届く」という日常を死守していただいたこと
忘れません。

2014年3月10日に文庫になりました。
千円しないで手に入るし、持ち運びも手軽。東北人ならずとも是非お手元に!

ただ、昨年買った時には、涙が出そうになりながらも、通しで読めたのに
今読み返す方がきついです。
なんか色々押し寄せてきて、読めなくなる部分がありました。

fukkouwishkun
左:特別版 復興wishくん ~wishくんVol.7 
右:wishくん Vol.6
ドン・カ・ジョン :絵

お願い事を白いはがきに書いて
wishくんポストに入れると
ドン・カ・ジョン・さんが そのお願いごとに答えるような
絵を描いて、返送してくれます。

そんな「wishくん」プロジェクトを
ずっと続けてきたドン・カ・ジョンさんは
被災地にも来てくださいました。

2012年、仙台では仙台市民会館で
この復興wishくんの展示が行われました。
たぶん、その頃のこのブログにも感想など書いたと思います。
皆、静かに泣きながら見ていたなぁ。

「特別版 復興wishくん」をあらためて読み返しました。
ドン・カ・ジョンさんは、とんちの効いた神様みたいだ。
まっ白いハガキに、雲の上の神様が
一生懸命絵を描いている姿が
いつも頭に浮かびます。
何百通ものお願いごとに絵で応えていくのは
どんなにか身が削られたことだろう、とも思います。

仙台では、青葉区の雑貨ショップ
「メリーメリークリスマスランド*dia」さんで「wishくん」を
取り扱っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。