スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ことり」

kotoriogawa
ことり
小川洋子・著(朝日文庫)

小川洋子さんの作品を読むときはいつも、
どれもが特別 と思って、静かに丁寧に読み進みます。

なぜかというと、小川さんは
とても小さなものや、よく見ないと分からないもの
耳を澄まさないと かき消されてしまう音や言葉、世界の片隅にひっそりと暮らす人々、
うっかりしていると私たちが気付かずに
無視したり 通り過ぎたり 落っことしたり 踏みつけたり してしまうようなことを
静かに、丁寧に書いていらっしゃるからです。

「ことり」。

きっと、小川さんが書いてくださらなかったら、
”小鳥の小父さん”のことを
みんなが忘れてしまったことでしょう。

誰かに気づかせてもらわない限り、
人々は大事なことをすぐに忘れて次、次と
ずんずん進んで行ってしまうようです。

今回も、小川さんが「これ、落としましたよ」と
大切なものを拾って届けてくださったような
気がしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。