FC2ブログ

震災から

shinsaibooks2020
左:「瓦礫から本を生む」  土方正志・著 (河出文庫)
右:「震災後の不思議な話 三陸の<怪談> 文庫版」  宇田川敬介・著 (飛鳥新社)

この3月で震災から9年。

このような、コロナウィルスへの警戒態勢の中で
3月11日を迎えることになるとは思いませんでした。

感染拡大を少しでも抑制するために奔走している方々、
医療従事者の方々、お薬の開発研究をされている方々などの皆さまに
心から感謝を申し上げます。
世界中の人の命が、1人でも多く助かりますように!!!!!

せっかく震災で命が助かったのに、まだ復興途上の東北で
この上、コロナウィルス感染で重症の人が増えでもしたら
本当に悔しく悲しく 取り返しがつかないことになるので
感染予防対策や、不要不急の外出自粛など、できる限りがんばっていきましょう!!

私は、東北の人間。「自粛」なんて平気です。
震災発生当時に比べたら、電気ガス水道が普通に使えるし、ネット環境も大丈夫だし、スーパーも開いています。
あの頃は、ウイルスと同じく目に見えない、放射性物質も飛散していました。
放射性物質も怖いけれど、このウィルスの怖さは別のところにありますよね。
だからとにかく、感染を広げないように気を付けて おとなしく暮らすのみ。

旅行もレジャーもイベントも、何年も我慢させられるわけではないのだから
少しの工夫をしたり、行動を変えて、一日でも早く収束させられるよう
1人1人が動く(今回の場合、動かない??)べきだと思います。

ウイルスの話が長くなりそうなので、この辺で本のことを・・・

今年の3.11に向けて読んでいた2冊です。

仙台にある出版社「荒蝦夷(あらえみし)」代表の土方正志さんの「被災地」への想い。
ジャーナリストの宇田川敬介さんが、津波の被災地で聞いた”不思議な”話の数々。

私は、内陸の山の方に住む人間なので、ほんとうに大変な被災はしていません。
毎年必ず震災関連の本を読んで、忘れないようにしていきます。

でも、読んでいるとどうしても泣けてしまいますね。
今は、外出時や職場でもマスクをしているので、バスの中などで思わず涙が流れても、
他人にバレないので良かったです。。。

「瓦礫から本を生む」は、実は表紙の写真も好きで購入しました。
以前、地元の新聞「河北新報」の記事に掲載されていました。
何かの賞を受賞した写真ということ、
河北新報の記者さん撮影の、震災後に生まれた子ども達だということ、
そして、撮影した記者さんが、その後 若くしてお亡くなりになったこと…を覚えていて
とても強く印象に残っていました。
いい写真ですよね。
スポンサーサイト